チューリップ🌷おばさんのつぶやき

3年のオランダ生活と帰国後の日本生活

雛飾り

何故か、雛人形🎎が大好きです。

三姉妹の真ん中だった私は、母方の祖父母から姉に贈られた五段飾りの雛人形で、三姉妹がずっと雛祭りのお祝いをして育ったので、自分だけの雛人形🎎はありませんでした。だからでしょうか…雛人形の大好きな私は、大人になってから自分の為に、また季節のしつらいとして小さな雛人形を幾つか買い求め、1月半ば〜3月末まで家の中のあちこちに飾って楽しんでいます。小さな雛人形は細やかなもので、特に立派なものとか、高価なものとかではありませんが心和みます。

豆知識として、元々雛飾りは「宮中の婚礼」を表していて、一対の雛人形🎎は、それぞれ「天皇」と「皇后」を模したものとされていて、天皇皇后陛下のような幸せな結婚ができますように…という願いが込められているそうです。また、女の子に災いがふりかかったとき、身代わりになって守って下さるとも言われていますよね。

 

我が家のお雛様を数組ご紹介したいと思います。

まず最初のお雛さま🎎、このお雛さまはとても上品なお顔、佇まいです。ハンボクと呼ばれる韓国の民族衣装を着たお人形と、いつも一緒に飾ります。韓国の雛人形は韓国を旅した時、お店で一目惚れして買い求めたものです。日本の雛人形より少しサイズが大きいので、ボディガード(?)の役目もして貰っています。

f:id:OrandaTulip:20200212154220j:image

 

2番目のこのお雛様🎎は、かぐや姫のように竹の中から生まれ(?) 竹の中に立っていらっしゃいます。

背景の書「いろはにほへと…」はお友達のお母様の手に依るものです。因みにお母様は書道の先生でいらっしゃいました。その文字はお人柄をそのもののように、心和み流れるように美しい…とても素敵ですね〜😀
f:id:OrandaTulip:20200212151721j:image

 

こちらはオランダのデルフトのプレートをバックにしてお澄まし顔のお雛様🎎です。
f:id:OrandaTulip:20200212151717j:image

 

昔はお雛様を3月3日が過ぎて飾っていると、女の子がお嫁に行けないとか言われていましたが、我が家には女の子⁈はいないし、慌てて片付けなくてもいいので、心ゆくまでゆっくり楽しんでいます。そろそろ菱餅(桃・白・緑色の3段重ね)、白酒や雛あられがお店の店頭に並びますね。お供えして召し上がって頂こうと思っています。💕

阿弥陀如来

f:id:OrandaTulip:20200211100727j:image

阿弥陀如来様を描きました。

毛筆による墨の線だけで描かれた絵は、白描(びゃくびょう)と呼ばれるのですが、その手法で描きました。彩色しないシンプルな仏様は、シンプルさが故に、描き手の技量がはっきり出るようです。未熟さがハッキリ見て取れるこの阿弥陀如来様も、初心者中の初心者の今の私としては、その未熟さもまた良し👌として、慈悲(⁈)の眼差しで見つめています。(笑)

 

そう言えば、先日の仏画教室で技術の未熟さを恥じる私に、先生曰く『技術がパーフェクト💯な仏画」と「素晴らしい /上手な仏画」は違う…技術がパーフェクトな仏画なんて、息苦しくてしんどくなってしまう。何処かふっと気を抜くところがあってこそ、心穏やかに見ていられる。』…うーん🧐、奥が深い。学べば学ぶ程、奥が深い!ということですね。

 

節分

f:id:OrandaTulip:20200211103042j:image

オランダ🇳🇱人32歳の日本語の学生さんに、日本の伝統的行事の一つである節分のことを知って頂きたくて、以下のメールをお送りしました。

 

『今日、日本は節分👹です。季節(冬と春)を分けるので、節分と言います。明日は立春!明日から暦の上では春になります。

日本では節分に「鬼は外!福は内‼︎ー」と言いながら、豆まきをします。それから日本人は歳の数だけの豆と、鰯と巻き寿司を食べます。😋』

 

そのリプライは…😱

『32個巻き寿司を食べると、お腹が痛くなると思いますが、先生は?^^, 』

確かに、私の書き方が良くなかった!と反省😥  ………しかし大笑い🤣 

いい節分の思い出となりました。

“太陽の塔”の内部

大阪万博のシンボルタワー・太陽の塔🌞!

改修工事が終わって一般公開が始まったと聞いて以来、ずっと行きたいと思っていたその内部見学。念願叶って、今日お友達と一緒に見てきました。この塔は岡本太郎氏の作品であることは余りに有名ですが、改めて岡本太郎さんはすご〜い!と感心。瀬戸内寂聴さんの小説「かの子撩乱」に詳しく書かれている岡本かの子さんの息子さんである岡本太郎さん…親子共に並みの人ではありませんね〜😱

f:id:OrandaTulip:20200211074542j:image

入り口の可愛いプレート

f:id:OrandaTulip:20200211074635j:image

ここだけは写真撮影okの1階内部

f:id:OrandaTulip:20200211074612j:image

見る者の心を明るく飛躍するような思いにさせるご存知「太陽の塔

暖冬の今冬、1月に塔の脚元近くに咲いている黄色い菜の花にもご注目❣️

 

現代書道二十人展

書道の先生であるお友達にお誘い頂いて、大阪高島屋で開催されている書道展に行ってきました。

全くの門外漢で何もわからないけれど、それぞれに素晴らしい作品ばかりで、お友達の解説も聞きながら、楽しんで拝見してきました。

お友達つまり書道の先生曰く「素晴らしい作品に触れることが、感性を身につける大切なことす。」🤗

本物はやはり素晴らしい!

f:id:OrandaTulip:20200119165527j:image

北九州横断⁈ 神社と温泉のスロー旅

昔の「松の内」🎍…

「温泉♨️に行きたい!」と宣う主人の要望に応えて、二泊三日のゆっくりのんびり旅に行ってきました。ルートは下図の通り!

f:id:OrandaTulip:20200119154116j:image

3日共、日頃の行いがものを言って😉…

暖かくブルースカイが広がる九州晴れ☀️‼︎

 

1日目  

新大阪から新幹線で博多駅祐徳稲荷神社→ 長崎諫早湾干拓堤防道路 →雲仙温泉(泊)

①祐徳神社⛩↓(日本三大稲荷の一つ)

f:id:OrandaTulip:20200119154320j:image

祐徳稲荷神社の名物 ↓稲荷ようかん

  筒の下から押し出したようかんを、

  筒に付いている糸で切って頂きます。

f:id:OrandaTulip:20200211135030j:image

②かの有名な諫早湾干拓堤防道路

f:id:OrandaTulip:20200119213733j:image

 

③雲仙 地獄巡り↓  硫黄の匂いが充満‼︎

      温泉♨️に浸かると、お肌がすべすべになり  

       ま〜す。

f:id:OrandaTulip:20200119213414j:image

f:id:OrandaTulip:20200119154512j:image

 

2日目  

長崎県 雲仙温泉多比良港→フェリー⛴ →長洲港・熊本県→八千代座(国指定重要文化財の芝居小屋、明治43年に建設された))→阿蘇国立公園大観峰(阿蘇五岳九重連山を一望)→杖立温泉(泊)

①レトロな歌舞伎小屋  八千代座

        見応えがありgood 🤗‼︎

f:id:OrandaTulip:20200119212737j:image
f:id:OrandaTulip:20200119212730j:image

阿蘇国立公園大観峰

        360度のパノラマ!

        冬枯れでしたが、感動 ‼︎🤩

         奈良の若草山のように、もうすぐ山焼き    

         をするそうです。
f:id:OrandaTulip:20200119212740j:image

写真↓の中の3つの山に注目!

3つの山は、お空に向いて休まれる仏様に見立てられ、左の山から…

①お顔→②お臍から煙が出るお腹→③膝を立てられた脚

だそうです。お茶目な仏様が浮かんできて…😆
f:id:OrandaTulip:20200119212733j:image

 

3日目    杖立温泉→由布院宇佐神宮(全国八幡様の総本宮で、神仏習合の発祥地として有名)→新幹線 小倉駅→新大阪

由布院の街

金鱗湖
f:id:OrandaTulip:20200119235524j:image
f:id:OrandaTulip:20200119235517j:image

ドクターフィッシュ🐠 、知っていますか?おさかなさんが、足の🦶角質を食べてくれるんだそうです!
f:id:OrandaTulip:20200119235520j:image

 

広大な敷地に宇佐神宮

f:id:OrandaTulip:20200119214325j:image
f:id:OrandaTulip:20200119214328j:image

大きな松の木の周囲を回って幹に触れると長生きできるとか!
f:id:OrandaTulip:20200119214401j:image